お問合せはお電話で
0480-53-6719

【受付時間】
月~土:10~18:30  
日祝:休

アクセス
2018/10/11

【シェア】メディアプロジェクトsoar

障害には2つの視点があると言われています
それは「医学的視点」と「社会的視点」です

「社会を変えていくことで障害はなくしていけるもの」
同感です
チカラある言葉です

“障害”に向き合わなくてもいい。だって社会を変えていくことで無くしていけるものだから。顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー当事者の木戸奏江さんの生き方

関連記事

いつでも、いつまでも、子どもたちとある。
そんな私たち日本社会福祉事業協会(児童デイすぎと)の
活動をご支援ください。

あなたの想いを私たちに直接伝えることができます

0480-53-6719

月~土10:00~19:00

寄附制度とは・・・

私たちの活動を支えていただく際に、皆さまの想いを寄付を通じて受け取らせて頂く制度です。
寄附を頂ける金額(任意)を下記フォームに入力して、ボタンを押してください。※各社クレジットカードに対応しています
現金振込等をご希望の方は左記お電話にて承っております。